TOPページ/大阪府立大学問題を考える会ホームページ
 


 大阪府立大学問題を考える会

 メインメニュー 

考える会趣意書

要請署名の提出

要望書

声明

統合を「憂慮」する声明

東京陳情報告

公開質問状

公開質問状に対する回答と見解

事務局

シンポジウムの開催

  「改革指針(案)」審議概要

会則と募金のお願い





 サブメニュー



個人情報保護方針

このサイトのアクセス数
   
Counter
 


 
    大阪府立大学中百舌鳥門
 

 
 はじめに

 
   
大阪府立大学白鷺門

  当会は、旧府立系4大学(旧大阪府立
  大学・旧大阪女子大学・旧大阪府立看
  護大学・旧大阪社会事業短期大学)の
  卒業生有志で2009年12月7日に結成し
  ました。私たちがどんな思いを込めて
  この会を立ち上げたか、どんな活動を
  展開し、どんな人たちとつながってい
  こうとしているかは、趣意書、要望書、
  声明などの項目を見てください。
  また、このホームページの更新がしば
  らくぶりになり申し訳ありません。
  府大・市大「法人統合議案」が、府・
  市議会で可決強行されましたが、「統
  合」による新大学発足までは様々な手
  続きを経なければなりません。
 私たちは、「大阪市立大学の統合問題
  を考える会」と協力して、府大と市大
  がそれぞれ存続・発展することを願っ
  て活動を続けてまいりますので、引き
  続きご支援をお願い申し上げます。
  
 府大・市大の「統合問題を考える・学習・交流会(2018.7.28)」のご案内



私たち「大阪府立大学問題を考える会」と「大阪市立大学の統合問題を考える会」
   は、「統合問題を考える学習・交流会を開催します。
   最近、名古屋大と岐阜大などの法人統合の検討を始めるなど、国立大学でも統合
   の動きが広がっています。また、中央教育審議会は、国立・公立・私立の枠を超
   えた統合の検討をすすめようとしています。
   維新府政・市政のもとですすめられようとしている府大と市大の統合は、こうし
   た動きを先取りするものです。今回開催する学習・交流会はまことに時宜をえた
   ものです。ぜひご参加ください。
   
  詳細と案内チラシはこちらからご覧ください。
   
      
 「府大、市大の拙速な統合はやめてください」の要請署名提出



   「大阪府立大学と大阪市立大学の拙速な統合はやめてください」の要請署名にご協
   力大変ありがとうございました。
  署名は、大阪市長宛が10,903筆、大阪府知事宛が11,100筆あつまりま
   した。
  去る9月9日、「大阪府立大学問題を考える会」と「大阪市立大学の統合問題を考
   える会」の両会の代表ら16人で大阪市役所と大阪府庁を訪れ、提出しました。

  詳細はこちらからご覧ください。
   
      
 府大・市大名誉教授ら21氏が「憂慮する」声明を発表  2013年10月15日



  10月15日、大阪市大の名誉教授・宮本憲一氏、大阪府大の名誉教授・小林宏至
   氏が記者会見をし、「橋下市長の大学自治への介入と府大・市大の拙速な統合を憂
   慮する」声明を発表しました。
   この会見には、西谷敏・梶浦恒男両市大名誉教授、三本弘乗元府大教授、森裕之立
   命館大学教授(市大卒)も同席しました。

  「憂慮する」声明はこちらから。
   
      
 府大学長(理事長)と懇談      2011年8月24日



  大阪府立大学の、あらたな"改革"による文系一部廃止・理系重視、学部撤廃・四学
   域体制が来年度よりスタートします。
  考える会は、オープンキャンパスなどが開催されているこの時期にあたって、8月
   24日に大阪府立大学の奥野武俊学長(理事長)に懇談を申し入れました。
  考える会では
  1、四学域の具体的な内容。
  2、学部を超えた学際的な学域は高校生や現場の進路指導ではどのように受け止め
     られているか。    などについて質問をしました。
  また、結成当初から指摘してきた 府立の大学として、
  1、府民の生活やくらしのために開かれた大学。
  2、大阪の文化・芸術・教育などに貢献できる大学。 を再度要望をしました。
  "改革"を急ぐあまり、ひずみをもたらしてはいないかと危惧も述べました。
  学長からは、"改革"の先見性、必要性、さらなる"改革"について述べられ、時間の
   制約もあり、双方の論点を深めることはできませんでした。
  考える会では、引き続き大阪府立大学の今後を見守っていきます。
      
 要請署名への取り組みに対するお礼と報告



  ようやく朝夕が凌ぎやすくなってまいりましたが、みなさまお元気に猛暑の夏を乗
    り切られましたでしょうか。
  この度は「大阪府立大学問題を考える会」からお願いしました署名活動へ、多大の
    ご協力をいただきありがとうございました。
  9月府議会に向け、みなさまから寄せられました 8097筆の署名を、14日議長に提出
    いたしました。
  また、13日〜15日にかけて府議会各会派への要請行動を行ない、署名とともにみな
    さまから寄せられました数々のご意見をお伝えし、府民が80有余年かけて守り育て
    てきた教育・学術研究・文化などの伝統を、財政再建の名の下に切り捨てることは、
    必ず未来に禍根を残すことになる。府民のためになる魅力ある府立大学にするため
    の熟慮・再考を党派を超えて要望してほしいと訴えてまいりました。
    
  「大阪府立大学問題を考える会」は、 5月20日に学長宛てに公開質問状を提出し、
    回答を求めました。6月9日に回答がよせられましたが、何一つ私たちの質問に正面
    から答えたものでなく、具体性のないものでしたので、7月16日再度学長と面談し、
    再考・再回答を求めましたが、これ以上は書けないということでしたので、この回
    答に対する会の見解を公表いたしました。(質問状回答書・見解はこちらから。)
  9月22日開会〜12月15日閉会の9月府議会でどういう結果が出るかは未知数ですが、
    引き続き頑張りますので、今後とも、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。 
   
  2010年9月24日
                                             大阪府立大学問題を考える会
                           代 表  中 井 英 二
                                野 ア  清


    
 公開質問状に対する回答および考える会の見解の公開 


考える会が提出した5月20日付けの公開質問状に対して、6月9日、大学側から回
答がありました。しかし、その内容があまりにも不誠実であると考え、大学側
に対して話し合いの場を求め、その場をもっていただきましたが、「改めるこ
とはしない」とのことで、「回答」と見解を公開することになりました。
                               

           
 会則と募金のお願い



            
考える会では、財政を「寄付によって賄う」という内容の会則を定め、今後
の活動のための資金を、賛同会員その他の方々から募集することにしました。
趣旨に賛同される方のご協力をお願い申し上げます。

募金につきましてはこちらからお願いします。
                    大阪府立大学問題を考える会 代 表  野 沢 倫 昭 野 ア 清